公認会計士試験

公認会計士を受けるためにいわゆる大学を出ていないといけないというような学歴審査はまったくありません。ですから、誰もが挑戦可能な試験ということになります。公認会計士の試験は短答式タイプのものと論文タイプのものとなっています。短答式タイプの試験は年間2回行われています。合格をすると、その後2年間は申請をすることによって短答式タイプの試験を免除してもらうことができます。論文タイプの試験は短答式タイプの試験に合格した人だけが受験することができる制度になっています。論文タイプの試験は4科目の必須科目と1科目の選択科目からなっています。試験は3日間に渡って行われます。

試験仮に試験に合格できなかったとしても1科目でも合格点に達しているときには、以後2年間は申請によって、該当する科目の論文タイプの試験を免除してもらうことができるようになっています。この制度を上手く活用していけば、科目を絞って勉強することが可能になりますので、難しいと言われている公認会計士の資格を比較的簡単に取得できるようになることも考えられます。

短答式タイプの試験では財務会計論、管理会計論、監査論、企業法についての理解が確認されることになります。論文タイプの試験では、会計学、監査論、企業法、租税法及び経営学、経済学、民法、統計学のうち受験者があらかじめ選択する1科目についての理解と考え方が検査されることになります。多くの内容を理解する必要がありますので、1-3年くらいの勉強期間が必要になると考えておいていいでしょう。