公認会計士の独占業務

公認会計士はいわゆる監査業務に関して独占業務資格を有しています。監査業務において、公認会計士は、企業の決算において経営が健全に行われているかどうかの判断を行うことをしていきます。これは企業の経営管理において非常に重要な役割を担うものとなっていますので、公認会計士の役割は企業においては非常に重要なものとなってきます。企業の経営形態もこれからはますます複雑になってくることが予想されています。特にグローバル化が我が国においても進んできていますので、新しい経営スタイルに対する提言者としての公認会計士の役割が注目されるようになってきています。

公認会計士また、昨今は企業ブームになっていますので、多くの企業家が国内において活動する時代になってきていますので、そのような企業家にとって公認会計士の存在は経理の面でなくてはならないものになります。様々な観点から公認会計士の役割が注目されるようになり、そのニーズが増えてくることが予想されるようになっています。

多くの人が公認会計士の資格取得を目指すようになっていますが、それ以上に公認会計士のニーズは増えてくることが予想されますので、非常に将来性のある資格であるといえます。